アラサーの部屋作り 2×4でギターを吊るせるオリジナルデスクを制作

2×4の木材とパイン材を組み合わせてオリジナルのデスクをDIYしてみました。

この記事では作りかたなどを紹介しています。

スポンサーリンク

2×4デスクを作るために準備したもの

 

準備したもの

・天板用木材(パイン材)

・2×4 木材 2本

 アジャスター

・BRIWAX
 ・テーブル脚:2本

・L字金具、ネジ

・マスキングやヤスリなどの消耗道具

・ドリルやドライバーなどの工具

 

ホームセンターなどで全て手に入ります。

 

オリジナル2×4デスクの作り方

準備が終わったらデスクの製作に移っていきます。

天板のヤスリがけ

まずは天板をヤスリがけします。

 

 

150⇨240⇨320の順にヤスリがけをして木材に塗装が乗るようにしていきます・

 

中々疲れる作業なのでところどころ荒いところもありますが、仕上がりに影響を大きく与えるので必死です。

 

 

同様に2×4の方もヤスリがけしていきます。

 

木材の削りカスが大量に出ます。掃除が大変にならないように下に新聞紙などを敷くと良いでしょう。

 

ヤスリがけが終わると腕がパンパンになりました。

塗装工程

一通り綺麗になったところでBRIWAXという塗料を塗っていきます。

 

ブライワックス オリジナル ウォルナット 400ml

 

色は WALNUTをチョイス。カフェに置いてあるような色を目指します。

この塗料はいい色合いがでるので重宝しており、他にも沢山の木材に利用していきました。

 

 

雑巾を使い練りこんでいきます。

ヤスリがけと同様中々根気のいる作業です…

 

特に天板は面積が多いので塗料は余るくらいを購入して置くといいでしょう。

 

 

並行して2×4も塗っていきます。

こちらも2本あるので結構大変な作業です。

 

出来上がりはこんな感じになります。

 

 

塗り終わったら綺麗な雑巾で拭いていきます。

 

この作業をする事によって光沢が出ます。

デスクの組み立て工程

塗装が乾いたらいよいよ組み立て工程です。

 

まずは2×4に専用のアジャスターを装着し、天井と床で突っ張り棒のような感じで固定。

 

 

あらかじめ計測をしておけば、後は購入時にホームセンターでカットしてくれます。

 

2×4専用のアジャスターを使っているので、傷も付かず簡単に固定できます。

 

2本並べるとこんな感じです。

 

この中途半端に窪んだ場所にデスクを作りたかった為、今回のデスク製作を考えました。

 

柱が設置できた後は、デスクの高さを計測していき、マスキングテープで印をつけます。

 

マスキングテープの高さに合わせL字金具を取り付けます。

 

ここでずれてしますと机が並行でなくなってしまう為、慎重に穴を作りドライバーでネジを固定していきます。

※ネジを使う際は下穴を空けておきます。

 

 

両サイドの金具を取り付け終わったら、いよいよ天板を乗せて行きます。

 

 

いい感じです

 

色合いも自分の理想のものとなりました。

 

しっかり並行になっているか確認します。

 

柱に取り付ける前に、テーブル脚を天板に装着して行きます。

 

片側は柱で固定されるので、自分は残り2箇所に取り付けましたが、ホームセンターなどで様々な脚が売られていますので、自由に取り付けて大丈夫です。

※今回はIKEAに売られているテーブル脚を使用しております。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【IKEA Original】OLOV 伸縮式 可変域60-90cm テーブル 脚 1本 ブラック 70 cm
価格:1399円(税込、送料別) (2019/7/13時点)

楽天で購入

 

 

 

無事テーブル脚がくっついたら仕上げに入り、L字金具と天板をネジで固定したら完成です。

 

 

椅子を置くとこんな感じになります。

 

 

2×4にギターハンガーも装着することによってギターを吊るす事が出来ます。

 

 

天板の高さを決める工程の際にバッチリ計測したので、理想の高さとなりました。

DIYまとめ

自分の家は賃貸なので壁に穴を開けるといったことができません。

なかには同じような条件の方も多いのではないでしょうか?

 

柱に写真を飾ったり棚をつけたりと、自由に配置できるのはとてもありがたいですし、何よりDIYなのでかなり安く仕上げることが出来ます。

 

気になる費用ですが、総額1万円以内に収まりました。

 

収納などないシンプルな家具をお探しの方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
DIYの関連記事
おすすめの記事