立ち仕事ってメリット沢山だよ? 立ち仕事辞めたら1年で体重15kg増えた話

まずどんな経緯で太った?

 

スポンサーリンク

私は高校の時にマクドナルドでバイトをしたことから始まり、飲食業や販売業など

 

いわゆる立ち仕事を中心に行っていました。

 

昔からあまり太らなく、身長180cm 体重60kgくらいを常に保っていました。

 

 

特に高校時代に肺気胸で入院した時なんかは52kgまで落ちたことも…

 

 

そんな自分が転職をきっかけに座りでの仕事になることに!

(ずっと立ち仕事だった為、座り仕事に憧れがあった。)

 

ありがたいことに職場の方と仲良くさせていただき、かなりの頻度で食事に行く事に

 

 

やれラーメンだ 居酒屋だ 焼肉だ!

 

 

仕事のストレスも半端なかったので どんどんエスカレート!

 

 

昔から食事の量は多かったので、量というよりかは外食が増えたなと感じる位

 

そこまで体が重くなったという自覚はありません。

 

しかしそんな生活を数ヶ月もしていると、徐々に体に変化が出てきます。

 

特に顔!!!

 

先ほど言ったように昔はかなりの痩せ型で、なんならガリガリだったのでコンプレックスに思っているほどでした。

 

むしろがっしりした体になればいいな〜とか思ってたんですが、顔だけやたらぶくぶく肥えていくことに

 

もはやボンバーマン状態!

 

体重はなんと75kgを越えていました。

 

当時20代半ばなので,まだまだ新陳代謝もいいはず…

 

いくら外食が増えたからといってこれはやばくねーか?

 

昔の職場仲間からは”太ったね”と言われる事が多くなり

 

鏡を見ると 確かに…

 

 

毎日見るものなので、少しの変化には気づきにくいのですが、言われて分かるやつですね。

体力が少なくなっている事にも気づいていく

 

 

昔からよく行っていたディズニーランド一日中歩いても平気だった自分だが、足の疲れがすごい…

 

朝から行った際は、お昼にはバテてマーメイドラーグンにてずっと休憩…

 

「ちょっと休憩させて…」

 

なんて当時お付き合いしていた方に言って、休憩させてもらってました。

 

歩いてもすぐ疲れるので、座ることが多くなり、更に動かなくなる。

 

これではいかんと行動を移す事にしていきます。

 

対策として行ったことは?

 

原因は明らかだった! 座り仕事に変えた事!

 

なので、副業で友人に紹介してもらった居酒屋で掛け持ちすることに

 

ジムも月に2回位細々と通う事に決定

 

やはり久々の立ち仕事はきつく、最初は感覚を取り戻すのにかなりの辛かった…

(足が棒のよう)

 

しかし仕事なので立ってるしかありません。

 

調理からホールにシフトしたので、動く距離も増える事に!

 

するとみるみる体重が落ちていきます!

 

体力も増えてくる事により「もっと歩きたいぞ!」なんて思いも出始め

 

仕事終わりに一駅手前の駅で降り、散歩がてら歩いて帰ります

 

一駅程度では疲れない体に!

 

結果としては?

 

結果としては現在8kgほどマイナスになりました!

 

とくに意識して食事は変えていませんので、効果が大きい事は確かです。

 

いまだに継続しておりますので、大幅な増加はないと思います。

 

得られるメリットとは?

 

副業で立ち仕事をした際のメリットです。

 

・体重が減る。 ダイエットになる。

・体力がつく。

・お金が増える。

 

先述した通り、体力が付き体重が減るといった点と、副業ですのでお金も入ります。

 

※自分がいたところは”まかない”も出ましたので食費も浮きました。

(普通に食べます。)

 

もちろんジムの方がダイエットとしては効率がいいかもしれませんが、そもそも続かないと意味がありません。

 

仕事中は立っていないと怒られるので、どんなに自分に甘くても、立たざるを得ないというのがいいです

 

入会したのに行っていない、会員費だけ払っているという方はいっそのこと、変えてみるのもいいかもしれません。

 

 

最後に

 

やはりアラサーにもなってくると健康に気を使わなくてはいけません。

 

幸せはあるいてこないが、不幸は全速力で襲ってくる

 

昔何かで目にしてからずっと残っている言葉です。

 

昔は立ち仕事が嫌な時期もありました。

 

毎日疲れて帰ってきて、座ってやる仕事が羨ましいとも

 

しかし実際には非常にありがたい事だったんですね。

 

その点に気づけたのも本当に良かったです。

 

なので、少しでも歩いて逃げましょう!

 

まずは立ち上がりましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事