寿命が10年縮まる〜たばこを辞めた6つの方法〜

こんにちはレックです。

 

最近は分煙などが加速し、大手のファミレスなどでも完全禁煙の店が増えてきましたよね?

現在は一箱500円と昔に比べかなり高額なものになってきました。

また増税に伴う更なる値上げも決まっている状態です。

 

自分も昔は1日に1箱のタバコを吸うヘビースモーカーでしたが、今ではきっかり辞めれています。

今ではタバコの匂いを嗅ぐだけで嫌な気持ちになるほど。

 

今回はそんな私が行なってきた禁煙方についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

自身のタバコまとめ

自身のたばこプロフ
吸っていた期間:3年

頻度:毎日

本数(1日):20本

場所:仕事の合間、帰宅後、飲みの席など

銘柄:ラッキーストライク、赤マル

禁煙を決めたきっかけ

やめた理由としては大きく分けて2つ

 

・たばこの増税による値上げ

・健康への意識

 

この2つです。

大体の方がこのような理由でやめるのがほとんどではないでしょうか?

値上げに伴う出費を抑える目的と、昔は肺気胸という病気にかかり、将来を見据えた面から辞めることに成功しました。

 

最近のたばこ事情

最近は増税などの影響もさることながら禁煙にする飲食店がものすごい勢いで増えていますよね。

例えば

・サイゼリア

・ガスト

・スタバ

・串カツ田中

 

居酒屋、ファミリーレストラン、カフェなど、たばこを吸う環境の代名詞といってもいいような場所が軒並み全面禁煙化を打ち出しています。

喫煙所も減少の一途をたどっています。

 

お店側のメリット

たばこを吸うのにわざわざ店の外まで出なくてはいけませんが、店側にとってはメリットだらけでしょう。

 

私も飲食店での勤務を長いこと続けていたので

マイナスな要素として

灰皿の掃除にかかる人件費

ヤニによる壁紙の劣化

子供などへの影響

副流煙などの問題

 

などコスト面でマイナスになりそうなものはかなり目にしてきました。

 

これらがなくなると考えると店側が禁煙にしたくなるのも無理はありません。

 

たばこを辞めた6つの意識

 

今では全く吸いたいと思わなくなった自分ですが、決意した当初はそれなりの苦労はしました。

普通に生活をしていても、意識していなくても自然な流れで、たばこに火をつけようとしてしまうんです。

 

紙に書き出す

客観的に自分が当時使っていたスケジュール帳に記載していくことに。

まずは自分がいつ吸っているかを客觀的に確認することから始めました。

 

例えば

・食後

・仕事の休憩時間

・帰宅してから

・ストレスが溜まった時

・風呂上がり

・お酒を飲んでいる時

 

紙に書き出してみると、無意識のうちに吸っていた場所などの把握にも繋がります。

1日に吸った本数全て書いていきましょう。

 

少しづつ減らさず一気に辞める

 

1日に吸う本数を半分にするなどはオススメいたしません。

時間もかかる上に「今日は仕事が上手くいかなかったから…

 

などと言い訳をつけて吸ってしまいそうになります。

 

辞めると決意した際は、家にあるストックも処分するようにしましょう

自分はカートン購入していた為、家に結構ストックがありましたが、全部友人に譲ることで手放しました。

 

吸いたくなったらアイテムに頼る

吸いたくなったら、2つのアイテムを使い次第に慣れさせていきました。

下に記載しています。

 

これらのアイテムも使い続けていると次第に回数も減っていきます。

まずはタバコという物から離れれば大丈夫です。

 

たばこは迷惑をかけていると自覚する

吸っているときは、高い税金を払ってるんだからいいだろという気持ちがどこかあるかもしれません。

ですが、吸わない人からするとかなり迷惑です。

 

自分の吐いた煙によって、他の人の服などに臭いを移してしまっている。という自覚を持ったことも断ち切れたポイントの1つです。

また副流煙も危害を与えます。

自分の為ではなく、人の為に辞める意識を持っていきたいですね。

 

体に害があるものだと脳に刷り込む

たばこ一本で14分寿命が少なくなると言われております。

つまり一箱で約5時間

 

1週間でも吸い続けただけで、1日寿命が早まりますし、人生において約10年寿命が短くなると言われております。

 

たばこが吸いたくなった際に、この事を思い出すようにしていました。

 

年間18万円かかる
年間18万円の内訳
1日一箱 500円

500円×30日=15.000円

15000×12=180.000円

 

毎日たばこを吸うと一年に18万円ものお金がかかってきます。

海外旅行にも年1~2回行けるような金額です。

金額を改めて意識すると自然と手から離れていきます。

 

使用したアイテム

最初はかなりやめるのが辛かったので、2つのものを試しました。

 

・ニコチンガム

【第(2)類医薬品】グラクソ・スミスクライン ニコチネル ミント 90個

 

・電子タバコ

【送料無料 メール便発送】電子タバコ ニコチン0・タール0・ビタミン・コラーゲン・コエンザイムQ10・身体にも環境にも優しい・エビータ・健康・柑橘系・ミント・スタイリッシュ・たばこ・禁煙【EN】 /evita

 

この2つのアイテムを使い克服に至りました。

 

まとめ

たばこはデメリットだらけ。

少しでもたばこから離れることで人生は激変していきます。

風邪などもひきにくくなり、お金も溜まりとメリットが沢山。

 

自身の経験の元、少しでも皆様のきっかけになればと思います。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事