タンパク質が豊富なたまごで 髪の毛の薄毛対策
悩みの大きいものとして、髪が薄い、抜け毛が気になる、ハリが失くなったなど、頭皮に関する 悩みは、多くの男性に限らず、艶やかな髪の毛は、女性にとっても永遠のテーマではないでしょうか? そもそもツヤのある髪の毛も、ハリのある髪の毛も、頭皮からきちんと生えていなければ話になりませんね。 昔に比べて前髪が決まらない、髪の薄さが気になりストレスに… 悪循環で、メンタルもやられてきます。 ネットにも様々な抜け毛対策や、AGA治療などの広告を電車やテレビなどで目にしますが、情報が膨大です。 この記事では、まずは卵にフォーカスした内容で書いていきたいと思います。  

頭皮が薄くなる原因・ハリ、コシがなくなる原因

・食事 ・ストレス ・シャンプーなどのケアの仕方 ・日光などの外的要因 ・運動不足 ・親の遺伝
他にも要因がありすぎて書ききれませんが、特に食事による影響は大半を占めます。 ストレスによる暴飲暴食、食欲不足 不規則な生活からくる栄養バランスの乱れ等によって体を構築されている機能が壊れるからです。 飲みすぎているあなたは特に、注意が必要かもしれませんね

そもそも何故卵なのか?

たまごを選んだ大きな理由として
3つの大きな理由
・栄養素 ・コスパ ・扱いやすさ
この3つからきています。   下記にまとめてありますのでご覧ください。

タンパク質が豊富

たんぱく質が豊富にある点に注目。 玉子一個あたり6.4g 1日に必要とされる量の13%になります。 1日に必要なたんぱく質は、約60g位が理想とされています。   卵1つで9分の1を補えます。 また、髪や爪は、ケラチンというタンパク質から出来ている為、この栄養素を取り入れることが大きく関わっています。 そして、動物性タンパク質を多く取ることができる為、非常に効率の良い食べ物と言えるでしょう。

コストパフォーマンス最高

その圧倒的安さ! スーパーなどでは10個入り、137円 ほどで売っています。 銘柄によっても値段は左右しますが、他の食品と比べてもかなりの安さであることは間違いありません。   また忙しい現代において、外食の機会も多いかと思います。 牛丼屋に行った際なども、トッピングでを追加してみるのもいいでしょう!   値段も60円ほどですので、取り入れやすく、コストパフォーマンスに優れていますね。  

1日の目安摂取量

2015年にコレステロール上限値を撤廃されました。 昔は1日あたり一1個までと言われた方も多いと思います。   最近の研究ではむしろ複数個とったほうがいいとされています。 1日辺り、2~3個を目安に食べていくのがいいでしょう!

様々な料理に合う

  扱いやすい点として、入手のしやすさや、調理のしやすさ 近所のスーパーやコンビニにも置いてある点は素晴らしく、生でも、茹でても焼いても、多様に使える点は言うまでもありません。 また、セブンイレブン等では、ゆで卵が一個から置いてあります。 お昼をコンビニで済ませるのが多い方は、まずはいつものお弁当に一つ追加してみてください。 それを続けるだけでも、変化に気付けるはずです。

他に与える影響

卵には、たんぱく質が多く含まれている点をご説明いたしましたが   そのたんぱく質には満腹中枢を刺激する効果があるということ この影響は大きく、食べ過ぎといった負の要素を緩和させることが出来ます。   また、髪の毛のみならず、肌を形成する・も豊富に含まれているため、見た目の相乗効果が望める点も、導入する余地しかありません。 もちろん、卵だけ摂取しているだけでは意味がありませんので、何事もバランスが大事です。 少しづつでも変わっていけるように、頑張りましょう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事